COLUMN

YouTubeを企業が活用する意味は?動画による効果事例を紹介!

YouTubeは、様々な内容の動画投稿を行える動画プラットフォームです。

近年では、大企業・中小企業などがYouTubeを活用しており、自社ブランドを伝える動画作成に力が注がれています。

一度YouTubeで注目を集めることができれば、ブランド認知度の拡大や収益の上昇にも期待できるからです。

しかし、YouTube運用は、メリット・デメリットがあるため、期待通りの効果を得られるとは限りません。

この記事では、YouTubeを企業が活用する意味や、メリット・デメリットについて紹介しています。

YouTubeを活用する企業が増えている理由とは?

YouTubeを活用する企業が増えている理由とは?

YouTubeを活用する企業が増えている理由は、以下3つの通りです。

  • 検索行動に影響しているから
  • 企業の認知拡大がしやすいから
  • 競合企業の規模を問わないから

全世界で利用されているYouTubeは、企業のSNSマーケティング戦略の武器になっています。

ここからは、YouTubeを活用する企業が増えている理由について、詳しく解説しましょう。

理由①検索行動に影響しているから

近年、ユーザーが使用する検索ツールは、YouTubeやInstagram・X(旧Twitter)のSNSへ移行しつつあります。

YouTube動画は、全世界で利用されており、ユーザーが求める情報をすぐに入手できるからです。

情報の取捨選択に時間を割くことなく、必要な情報が短時間で得られるため、ユーザーにとってメリットが大きいといます。

また、YouTubeは年齢層を問わず、幅広い世代が利用している動画プラットフォームです。

ユーザーが求める答えに直結していることも、検索行動が移行する理由に含まれます。

理由②認知拡大がしやすいから

YouTube動画は、誰でも気軽に視聴できるため、自社のブランドの認知拡大がしやすいです。

YouTube動画は、チャンネル登録者数・動画視聴回数を増やすほど、「おすすめ動画」としてユーザーの目に留まりやすいです。

企業がYouTube動画を活用する理由は、注目を集めるマーケティング戦略の一環にしていることも含まれているでしょう。

理由③従来の広告よりもコストパフォーマンスが良いから

従来の伝統的な広告施策と比較すると、YouTubeの活用は企業にとってコスパのいい施策であると考えられます。

YouTube広告を活用することで、ターゲットとする視聴者に対して従来よりも的確な広告外信ができます。

広告に活用する動画マーケティング以外にも、普段からYouTube運用をしていくことで長期的なブランディングにもつながっていきます。

YouTubeの基本的な運用方法

YouTubeは、すぐにチャンネル開設が行えて、動画投稿を続けられれば、自分でも運用ができます。

ただし、企業が社名を使ってYouTubeを活用していくとなると、細かいところにまで注意を払いながら運用する必要があります。

ここからは、YouTubeの基本的な運用手順と方法を解説していきます。

アカウントの作成・チャンネル開設する

YouTubeのアカウントを作成して、チャンネル開設をします。

YouTube公式サイトから、ビジネス版「YouTubeブランドアカウント」を作成しましょう。

YouTubeブランドアカウントにリンクさせることで、複数人の担当部署やチームでアカウント・チャンネル管理が可能です。

また、運用するチャンネル名・チャンネル説明欄の記載は、ユーザーがイメージしやすくわかりやすい内容にします。

投稿する動画の系統も合わせて記載すると、よりわかりやすくなるでしょう。

動画投稿と視聴者の獲得する

チャンネル作成後、動画投稿を行って視聴者を獲得します。

投稿動画の時間や内容は、視聴者の獲得に大きく関係するため、ショート動画の投稿がおすすめです。

約1分前後のショート動画は、すき間時間を活用してサクサク見られることから、ユーザーから好まれています。

コンテンツの紹介動画と相性が良いため、視聴者の獲得がしやすいです。

ただし、視聴者にとって魅力的な内容を、短い時間で盛り込まなければなりません。視聴ターゲットに対して、動画内容の精査・チェックを慎重に行いましょう。

分析ツールで動画内容を改善していく

数本の動画を公開してから、視聴回数の比較やチャンネル登録者数を確認します。

YouTubeアナリティクスや、専門会社が持つ独自の分析ツールを活用して、動画内容の改善を続けることが大切です。

視聴回数が多い動画ほど、ユーザーのニーズを分析・把握したり、今後の動画投稿への参考にもなったりします。

企業がYouTubeを活用するのであれば、継続的な動画作成と内容の改善は必須です。

企業がYouTubeを活用するメリット・デメリット

企業がYouTubeを活用するメリット・デメリット

企業がYouTubeを活用する場合、自分たちの力で自社ブランドの良さや情報をユーザーへ伝えられるメリットと達成感は大きいです。

しかし、ユーザーに伝わるまでデメリットがあるため、事前に理解してからYouTubeへ投稿を始めましょう。

ここからは、企業がYouTubeを活用するメリット・デメリットを解説します。

メリット①集客率アップ・新規顧客の獲得に期待できる

企業がYouTubeを活用するメリットは、集客率アップ・新規顧客や見込み顧客の獲得に期待できることです。

短い時間内に映像を見せることで、商品の使用感を伝えたり、疑問点を解消できたりします。

リアルな情報を音声・音楽と共に訴求できることから、文章だけでは伝えられない情報量をユーザーへ届けられるでしょう。

企業がYouTubeを活用することは、自社に興味を持っている顧客へ大きなアプローチになります。

メリット②動画コンテンツが結果的に企業の資産になる

企業はYouTubeを活用することで、「VSEO対策」に繋がるメリットがあります。

VSEOとは、動画を利用したSEOのことで、狙いたいキーワードを動画タイトルや概要欄に入れて、検索エンジンやYouTube内の検索機能で上位を目指す方法です。

ユーザーが利用する様々な検索方法を経由して、最適な動画が表示されるようになります。

VSEO対策によって、検索口が多くなることから、多くのユーザー流入に期待できるでしょう。

メリット③インフルエンサー施策や他媒体との連携がしやすい

YouTube動画を行う企業は、インフルエンサー(YouTuber)を活用できることに、メリットを感じています。

インフルエンサーは、知名度や影響力があるため、コラボ動画で自社の認知度拡大が可能だからです。

特に、インフルエンサーによる商品情報の発信は、ユーザーと同じ目線で使用感・感想をストレートに伝えられます。

企業が発信する言葉よりも、ユーザーからの共感力を得られる可能性が高いでしょう。

ただし、コラボ動画を行う際は、商品とマッチしたインフルエンサーを起用することが大切です。

例えば、「メイク」をコンセプトにしているインフルエンサーが、スポーツ用品の紹介を行うと違和感があります。

インフルエンサーの過去動画・視聴者の傾向などを考えて依頼しましょう。

デメリット①動画作成にはコストがかかる

企業がYouTubeを活用する場合、動画作成にはコストがかかることを理解しておきましょう。

動画作成時は、人件費・機材費・撮影場所のレンタル代などの費用がかかるからです。投稿動画の内容によっては、カメラの性能や音声機材などにこだわることもあるでしょう。

また、撮影場所や動画編集が行える人材の確保もしなければなりません。

しかし、高額な機材を用意したり、対応できる人材がいなかったりすると外注の検討が必要です。

また、撮影場所をレンタルする際は、日程が合わない場合もあるため、リソースの調整も不可欠になってきます。

企業がYouTubeを活用したい場合、十分な費用と余裕のある制作期間を考える必要があります。

デメリット②すぐに効果が出ない

企業がYouTubeの活用を検討した場合、すぐに結果が出ないことを知っておきましょう。

YouTubeは、継続的な動画投稿と改善を行うことで、効果を得られるからです。

視聴者が増加しなければ、認知度の拡大や自社ブランドの良さはユーザーへ届きません。

また、ユーザーにとって魅力的な動画内容にするため、常に投稿後のアナリティクスをチェックして改善していくことが大切です。

企業がYouTubeを活用する場合、運用代行会社への依頼をおすすめします。

自分たちで運用すると膨大な時間がかかるため、他業務へ手が回らない可能性もあるでしょう。

しかし、運用代行会社であれば、撮影や検索エンジンに対応した文章などの作成が可能です。

企業がYouTubeを活用して得た効果事例

企業がYouTubeを活用して得た効果事例

実際に、企業がYouTubeを活用した効果が得られる事例を紹介します。

YouTube運用がもたらす効果の参考にしてください。

YouTube運用で認知拡大!

https://www.youtube.com/@anime-sakakibara

YouTube運用をすることで、自社の魅力や情報の認知拡大ができます。

視聴者の心を掴むような動画投稿を続けていくと、他ユーザーがシェア率を高めたりハッシュタグから飛んで来たりするでしょう。

視聴者による様々な拡散方法によって、自社の認知拡大が可能になります。

例えば、株式会社EMOLVAの代表である榊原清一のYouTubeチャンネルです。

ショート動画をメインにしており、「二次元・アニメへの愛」について、様々な切り口で紹介しています。

動画の中には、コスプレ衣装を着用した社員が登場したり、株式会社EMOLVAが求めている採用情報があったりします。

榊原氏の二次元愛が伝わると同時に、株式会社EMOLVAへ興味を抱く仕様になっています。

株式会社EMOLVAではYouTube運用代行などのSNS運用代行の事業も展開しているため、YouTube運用で認知を拡大させたい方は、ぜひ弊社までご相談ください。
お問い合わせはこちら

コンテンツ情報の配信で収益を獲得

詳しいコンテンツ情報を含めた配信で、売り上げとは別の収益を獲得する方法です。

動画時間を気にせず、ユーザーにとってメリットの多い情報をまとめることで、再生回数を獲得する仕様にしています。

YouTubeでは、再生回数や視聴者の獲得など、様々な条件を満たすことで収益化が可能です。

既存商品に対して、付加価値となる情報の内容にすると良いでしょう。

例えば、ジムのPR動画に、ダイエット効果のあるストレッチ方法を発信すると、ユーザーがメリットに感じる内容です。

動画の時間が長くとも、最後までしっかりと見る視聴者が増えます。

YouTube運用代行はEMOLVAへお任せください!

株式会社EMOLVAでは、YouTube運用において、PR・動画編集・サムネイル作りなど、価値ある動画の作成と定期的な投稿が可能です。

また、動画撮影の中には、最新のVR技術を取り入れた3D映像制作も行えるため、施設の紹介にもおすすめしています。

EMOLVAは、市場調査・分析・企画書などのご提案を行い、お客様が納得できる動画内容を第一としています。

「YouTube運用でSNS効果を得たい」と考えている企業様も、SNS運用代行を行っているEMOLVAへご相談ください!
お問い合わせはこちら

YouTubeを企業が活用する意味は?|まとめ

YouTubeは、幅広い世代が利用しているため、企業の認知度を上げられるチャンスの場になっています。

動画投稿によって、ユーザーへ企業の魅力をストレートに伝えられることから、集客率のアップや新規顧客の獲得が可能です。

ただし、魅力ある内容でなければ、ユーザーの興味を引くことができません。

運用代行会社EMOLVAは、
「YouTubeの運用は難しそう」
「動画内容が思いつかない」

など、不安や悩みを持つ企業様へご提案・サポートを行っています!

Twitter(X)の運用代行で何ができる?代行のメリットや企業の選び方を解説

Twitter(X)の運用代行で何ができる?代…

Twitter(X)は公式SNSとして運用している企業が多いです。 しかし「フォロワーが増えない」…

「社員自身がインフルエンサー」
SNSマーケティングのプロフェッショナル集団“EMOLVA”