COLUMN

TikTokで集客する方法とは?効果的な戦略を解説

「求人広告で募集をかけても人が集まらない」
「新作の商品のの魅力が上手く伝わらずに宣伝に困っている」

上記のような悩みがある企業様は、TikTokを使うことで集客の場を広げられる可能性があります。

近年、ショート動画SNS「TikTok」を使って集客している会社が多く存在しています。

本来は10代と20代の割合が半数以上のTikTokでしたが、最近は30代以上の幅広い世代にも使われるようになりました。

TikTokは、他のSNSと比べても動画の拡散力が高く、立ち上げたばかりのアカウントでも動画を多くのユーザーに見てもらいやすいという特徴があります。

今回は、TikTokで集客する方法について解説いたします。

TikTokマーケティングの特徴とは

TikTokマーケティングの特徴とは

TikTokで配信されるショート動画では情報を瞬時に手に入れられるため、若い世代の集客と相性がいいといわれています。

少し前までは、企業ではなくクリエイターや学生を中心に投稿するプラットフォームのイメージも強かったため、Twitter(X)やInstagramと比べて公式TikTokを運営している企業はやや少ない傾向もあります。

このように、TikTokには、他のSNSにはない特徴があります。
ここでは、TikTokマーケティングに役立つポイントを3つご紹介します。

TikTokには情報拡散力がある

TikTokの傾向として、アカウントを立ち上げたばかりでも動画が多くの方にリーチされることがあり、情報拡散力があるのが特徴です。

他のSNSでは、フォロワーの数やフォロワーからの反応によって動画が伸びていく傾向がありますが、TikTokは動画単体での評価に重きを置いていると考えられています。

そのため、TikTokのアルゴリズムに沿った投稿をすることで短期間でもTikTokで認知拡大や集客につなげることができます。

TikTokはエンゲージメント率が高い

TikTokは、動画投稿に対していいね・コメント・保存のアクションを起こしたユーザーの割合である「エンゲージメント率」が高いのが特徴です。

エンゲージメント率が高いと、動画の拡散が増えるため、エンゲージメント施策をきちんと行いましょう。

例えば、動画の内容に対してコメントを促したり、翌日以降の動画で続編を投稿するなどでフォローを促すなど、投稿の内容やアカウントの運用目的に合わせた反応を考えてみましょう。

TikTokはターゲティングがしやすい

TikTokは30代以上のユーザーは増えていますが、メインユーザーは10代から20代です。

そのため、10代から20代のZ世代をターゲットにした商品・サービス・人材募集は特に効果を発揮します

また、日本のみならず、アメリカ・中国・韓国などの世界でもユーザーが増えています。そのため、海外在住の方にも、ターゲットしやすいです。

海外向けの商品・サービスを販売しているお客様でもTikTokで集客できるチャンスがあります。

効果的なTikTokマーケティング戦略とは

効果的なTikTokマーケティング戦略とは

効果があるTikTokマーケティングの戦略はいくつかあります。

TikTokマーケティング戦略を知り、実行することでより効果的な運用ができるようになるでしょう。

今回は、3つ紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

TikTok広告出稿を実施する

TikTokでは、動画と動画の間にゲーム・コスメ・映画などの広告を配信しています。

主な広告の種類は、起動画面型広告・インフィード型広告・ハッシュタグチャレンジ広告の3種類あるため、自社に合うやり方を選ぶことが大切です。

TikTokに強いインフルエンサーにお願いをする

TikTokには、世の中に影響を与える「インフルエンサー」が活躍しています。

インフルエンサーに自社の商品やサービスをPRしてもらうことで、商品やサービスの認知を上げて、投稿文にリンクされているURLより購入するチャンスがあります。

直接インフルエンサーにお願いする場合は、商品の認知率を上げやすくするために、インフルエンサーのターゲット層や得意ジャンルを把握してから依頼することが大切です。

もし、直接インフルエンサーにお願いするのに苦戦している場合は、インフルエンサーをキャスティングするサービスを使うことで、自社の商品やサービスとマッチするインフルエンサーに出会えます。

TikTok運用代行に頼んでみる

TikTok広告出稿を実施しても、あまり効果がでない場合は、TikTok運用を代行会社に頼んでみましょう。

主なTikTok運用代行で行う内容は下記の通りです。

  • コンサルティングテクニック
  • 投稿
  • 動画作成
  • ハッシュタグの選定
  • 分析
  • 戦略設計
  • 写真&動画撮影
  • チャット対応

TikTok運用代行をプロに頼むことで、自社で行うよりも短い期間でTikTokマーケティングの効果を発揮できます

費用や業務内容は、代行会社によって異なるため、複数の会社で検討することがおすすめです。

TikTok運用代行とインフルエンサー施策なら、EMOLVAへご相談ください!

TikTok運用代行とインフルエンサー施策なら、EMOLVAへご相談ください!

EMOLVAでは、TikTok運用代行とインフルエンサー施策の実績が豊富にあります。

下記に、TikTok運用代行とインフルエンサー施策の紹介をいたします。気になる施策があれば、お気軽にご相談ください。

EMOLVAのTikTok運用代行

EMOLVA代表である榊原清一は、TikTokメインアカウントのフォロワー数が10万8000人・サブアカウントのフォロワー数が5万5000人のインフルエンサーとしても活動しています。(2024年2月22日時点)

これらのアカウントの運用などで得た最新のTikTokマーケティングをお客様の企業公式アカウントにいち早く反映させるのが1番の強みです。

TikTokを介した集客としまして、EMOLVAでは自社で採用系アカウントを運営し、TikTokから公式LINEへ12,000⼈の集客に成功した実績がございます。

EMOLVAでは、他のSNS(Instagram・Twitter/X・YouTube)も運用代行しているため「公式SNS運用を1つの会社に一任したい」と考えている企業様にも対応いたします。

<お問い合わせはこちら>

EMOLVAのインフルエンサー施策

EMOLVAでは、キャスティングサービス「INFLUENCER CLOUD」を運営しています。

EMOLVAに登録している10代から60代までのインフルエンサーにお客様の商品やサービスを紹介してもらい、効果的なプロモーション施策を打ち出しています。
INFLUENCER CLOUDには140万人のインフルエンサーが登録しているため、ターゲットに合わせたキャスティングや施策が可能です。

また、通常のインフルエンサーマーケティングは、最低出稿金額は30万から100万程度が相場ですが、INFLUENCER CLOUDの最低出稿金額は10万円から対応しているため、お得な値段でスタートできるのが特徴です。

「インフルエンサーに頼んでみたいけれど、高い予算は捻出できない」
などとお悩みの方も、ぜひ一度EMOLVAのINFLUENCER CLOUDへご相談ください。

<INFLUENCER CLOUDの詳細はこちら>

TikTokで集客する方法とは?|まとめ

TikTokで集客する方法とは?|まとめ

今回はTikTokで集客する方法を解説しました。

TikTokはアカウントを立ち上げたばかりでも多くの方に投稿がリーチする

しかし、TikTokの企画・撮影・制作・投稿に力を入れても、TikTokのアルゴリズムに沿った内容でないとなかなか注目されずに苦戦する可能性があります。

「動画が注目されない」
「インフルエンサー施策を使ってみたい」
など悩んでいる方は、ぜひEMOLVAまでご連絡ください。

UGCマーケティングを活用した成功事例!メリットやコツを解説!

UGCマーケティングを活用した成功事例!メリッ…

「UGCマーケティングを活用して、企業のSNSを成長させていきたい」 「SNSでUGCを活用するに…

「社員自身がインフルエンサー」
SNSマーケティングのプロフェッショナル集団“EMOLVA”