COLUMN

SNS運用代行の費用相場はどれくらい?代行先を選ぶ際のポイントや注意点も解説!

SNSは現代のマーケティング戦略において欠かせないツールとなっています。

しかし、SNSの運用は専門知識を要するうえ時間も労力もかかるため、運用代行サービスの利用を検討している企業も少なくありません。

この記事では、SNS運用代行のサービスがどのようなものか、そして代行サービスを利用する際にどれくらいの費用がかかるのかを解説します。

また、適切な運用代行会社を選ぶためのポイントや、契約前に確認すべき注意点についても触れています。

SNS運用代行を検討中の方や、自社のSNSマーケティングをより効果的に進めたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

SNS運用代行とは

SNS運用代行とは

SNS運用代行とは、企業や個人のSNSアカウントの運用を外部の専門業者に委託するサービスです。

SNS運用代行の目的は、ブランド認知度の向上、顧客との関係構築、ウェブサイトへのトラフィック増加、商品やサービスの売上げ向上など多岐にわたります。

特にSNSマーケティングの専門知識がない企業や、自社でSNS運用を行うためのリソース(時間や人材)が限られている場合に利用されることが多いです。

SNS運用代行のサービスは、Instagram、X(旧:Twitter)、YouTube、TikTokなど、さまざまなソーシャルメディアプラットフォームに対応しており、サービス内容は業者によって異なります。

基本的にクライアントのニーズや目標に応じてカスタマイズすることが可能です。

SNS運用代行で依頼できる業務

SNS運用代行で依頼できる業務

SNS運用代行サービスでは、クライアントのSNSマーケティング戦略をサポートするために、幅広い業務の代行を請け負っています。

SNS運用代行でできることは、大きく分けて以下の3つです。

  1. アカウント運用
  2. コンテンツ制作
  3. 効果測定・分析

1. アカウント運用

  • アカウント作成・設定
  • プロフィール作成
  • ヘッダー画像作成
  • 投稿スケジュール管理
  • コメント・メッセージ対応
  • 炎上対策

アカウントの作成に始まり、日々の投稿などの基本的なアカウント運用を委託できます。

社内でSNS運用のノウハウが不足している場合に、SNS運用代行を活用するのがおすすめです。

2. コンテンツ制作

  • テキスト作成
  • 画像・動画編集
  • インフォグラフィック作成
  • キャンペーン企画・実施

SNSに投稿するコンテンツの作成の代行を依頼できます。

魅力的な投稿はSNSマーケティングの成功を左右するため、専門知識や技術がない場合には外部に委託するのが効果的なこともあるでしょう。

3. 効果測定・分析

  • フォロワー数・エンゲージメント率などの分析
  • 効果測定レポートの作成
  • 改善提案

最後に、適切な効果測定を行い、次に繋げていくことが重要です。

インプレッションやエンゲージメント率などを分析し、運用の効果検証を行います。

その結果によって、以降のマーケティング戦略を検討していきます。

一般的に、効果測定・分析は、アカウント運用またはコンテンツ制作と一緒に代行を依頼することがほとんどです。

SNS運用代行の費用相場

SNS運用代行の費用相場

SNS運用代行の費用は、以下の要素によって異なります。

  • 依頼する作業内容
  • 運用するSNSの種類
  • アカウントの規模
  • 代行業者

また、代行会社に依頼するか、フリーランスに依頼するかによっても費用は大きく変動します。

以下は、一般的な費用目安および両者の主な違いです。

フリーランス 代行会社
費用 比較的安い
(2万円〜10万円)
比較的高い
(10万円〜50万円)
対応力 契約によって様々 ワンストップでの依頼も可能
専門性 個人によって偏りがある 幅広い
コミュニケーション 個々で差がある 柔軟に対応
体制 個人 組織
リスク 案件終了 担当者変更

費用重視ならフリーランス、ノウハウや実績重視なら代行会社といったように、それぞれにメリット・デメリットがあります。

確かに費用面は重要な検討事項ではありますが、最終的にはそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自社のニーズに即した決断を下すのが大変重要です。

SNS運用代行のサービス内容を費用感別に解説

SNS運用代行を企業に依頼すると、主に下記のような費用感に分けることができます。

予算作業内容
月額10万円以下投稿コンテンツ制作
月額20万円~30万円アカウント運用コンテンツ制作
月額50万円以上アカウント運用コンテンツ制作効果測定・分析

※初期費用が発生する企業も多いので事前に確認しておきましょう

SNS運用代行は依頼する作業の内容が多くなればなるほど、費用が高くなります。

そのため、SNS運用代行の企業に依頼したい作業をあらかじめ決めておくことで、求めている範囲でSNS運用代行を任せることが可能です。

SNS運用代行の企業によっては、インフルエンサーマーケティングサービスを提供している企業もあるため、幅広くSNS運用代行を任せられる企業を選びましょう。

SNS運用代行先を選ぶ際のポイント

SNS運用代行先を選ぶ際のポイント

SNS運用代行先を選ぶ際には、以下のポイントを参考にしましょう。

実績と経験があるか

SNS運用代行先を選ぶ際には、十分な実績と経験があるかどうかを確認することが重要です。

  • 過去の運用実績
  • 担当者の経験
  • 業界知識

これらの情報を事前に確認することで、自社のニーズに合った業者を選ぶことができます。

多くの業者は、ホームページで過去の運用実績や担当者のプロフィールなどを公開しているので、それらを確認しましょう。

提供サービスがニーズに適しているか

SNS運用代行業者が提供するサービスは、業者ごとに多岐にわたります。

そのため、自社の具体的なニーズや目標に適した業者かを確認することは非常に大切です。

先に、代行できるサービス範囲について紹介しましたが、これらのサービスが全ての企業に必要というわけではありません。

そのため、自社のSNS運用における目的や課題を明確にし、それに応じたサービスを提供できる代行先を選ぶ必要があります。

また、将来的なビジネスの成長や方針の変更に対応できるよう、柔軟にサービス内容を調整できる代行先を選ぶことも重要です。

具体的には、初期段階ではコンテンツ制作と基本的なアカウント管理に焦点を当て、後に広告運用やより高度な分析サービスを追加するなど、ビジネスのスケールに合わせてサービスを拡張できるかなどを確認しましょう。

料金体系の透明性が高く予算にマッチしているか

SNS運用代行の選定において、料金体系の透明性も非常に重要な要素となります。

代行先を選ぶ際には、初期設定費用、月額管理費用、広告費用など、全ての費用が含まれているかを確認し、追加料金が発生する可能性のある項目がないかも併せてチェックしましょう。

また、提供されるサービスの範囲と費用が自社の予算にマッチしているかも検討すべきでしょう。

予算を超える提案であっても、長期的に見てROI(投資対効果)が高いと判断される場合は、予算の見直しを検討する価値があります。

逆に、予算内で最大の効果を引き出すために、必要最小限のサービスから始めて徐々に拡大するというアプローチも有効です。

担当者のコミュニケーションが適切か

SNS運用代行サービスを利用する際、担当者がクライアントのニーズを正確に理解し、期待に応えるための提案を行えるかどうかが、サービスの質を大きく左右します。

そのため、担当者が定期的に進捗報告や提案を行い、クライアントからの質問や懸念に迅速かつ適切に対応できるかが重要なポイントとなります。

検討段階で担当者のコミュニケーションのスムーズさや丁寧さを確認しましょう。

SNS運用代行を依頼する際に確認すべき注意点

SNS運用代行を依頼する際に確認すべき注意点

SNS運用代行を依頼する際には、事前に確認すべきいくつかのポイントがあります。

具体的には、以下の3点を十分に確認しましょう。

  • 自社のSNSマーケティングの方向性
  • 料金とサービス範囲
  • 補助金の活用

自社のSNSマーケティングの方向性

SNS運用代行を依頼する前に、自社のSNSマーケティング戦略を整理しておく必要があります。

確認すべき項目としては以下のようなものがあります。

  • マーケティング目標
  • ターゲット層
  • SNS運用の目的
  • KPI
  • 予算

これらの情報が明確になっていないと、代行業者との間で運用方針に齟齬が生まれ、効果的な運用が行えなくなるリスクにつながりかねません。

ただし、自社の中でもこれらの情報が明らかになっていない場合、専門知識のあるSNS運用代行業者と相談しながら目標などを設定することで、より効果的な運用に結びつきます

料金とサービス範囲

SNS運用代行の料金は、業者によって様々です。

一般的には、月額数万円から数十万円程度ですが、オプションサービスを追加するとさらに高くなります。

SNS運用代行の料金体系は主に以下の3つのパターンとなります。

  • 月額制:毎月一定額の費用を支払う
  • 成果報酬型:成果に応じて費用を支払う
  • スポット案件:特定の業務のみを依頼する

事前に支払う料金と、それに応じたサービスの適用範囲を十分に確認した上で契約を締結しましょう。

補助金の活用

中小企業等がSNS運用代行サービスを利用する場合、補助金を活用できる可能性があります。

主に利用できる補助金としては以下の3つです。

  • 小規模事業者持続化補助金 
  • IT導入補助金 
  • 地方自治体の補助金・助成金制度 

この他にも、「ものづくり補助金」と「事業再構築補助金」が使える場合もあるので、事前に対象となるかどうかを確認しましょう。

これらの補助金が活用できる場合、代行にかかる費用を抑えることができるかもしれません。

SNS運用代行なら株式会社EMOLVAにお任せください!

SNS運用代行なら株式会社EMOLVAにお任せください!

株式会社EMOLVAは、Instagram、TikTok、YouTube、X​​(旧:Twitter)など、多様なSNSプラットフォームにおけるインフルエンサー・キャスティング、ブランディング・コンサルティングをはじめとする幅広いSNSマーケティングサービスを提供しています。

撮影や投稿作成、フォロワー拡大のための施策、キャンペーン実施、レポート報告など、アカウント運用の全般をカバーしています。

また、EMOLVAに登録されたインフルエンサーを通じて、お客様のブランドや製品を効果的にプロモーションするインフルエンサーマーケティングサービスなどの形でのご支援も可能です。

豊富なSNS運用支援実績を持つメンバーが、貴社のSNSマーケティングを徹底的にサポートします。

株式会社EMOLVAの代表榊原清一氏自身も、インフルエンサーとしても活動しており、SNSについての深い知見を有しています。

お客様のSNSアカウントの現状と課題を詳細にヒアリングした上で、最適なサービスをご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください!

【EMOLVAへのお問い合わせはこちら】

まとめ|自社に合ったSNS運用代行会社を見つけよう

本記事を通して、SNS運用目的やニーズ、マーケティング戦略にマッチしたSNS運用代行会社を見つけることの重要性をご理解いただけたでしょうか。

効果的なSNS運用は、ターゲットユーザーとの関係構築、ブランド認知度の向上、最終的には売上増加に直結するため、適切な代行会社の選定はビジネスの成功を左右するといっても過言ではありません。

今回紹介したポイントを押さえて、自社にとってベストなSNS運用代行会社を見つけましょう!

TikTokを活用した企業の面白い成功事例を業界ごとに紹介!

TikTokを活用した企業の面白い成功事例を業…

TikTokは、60秒のショート動画で自社の魅力を伝えられることから、企業の集客チャネルとしても活…

「社員自身がインフルエンサー」
SNSマーケティングのプロフェッショナル集団“EMOLVA”