COLUMN

Twitter(X)の運用代行で何ができる?代行のメリットや企業の選び方を解説

Twitter(X)は公式SNSとして運用している企業が多いです。

しかし「フォロワーが増えない」「データ分析の仕方がイマイチわからない」「そもそもTwitterを使った運用が向いているのか」など自社運用で苦戦しているケースもあります。

自社のTwitter運用で悩んでいる方におすすめなのが「Twitter運用代行」です。今回は、Twitterの運用代行を頼むことで何ができるかを徹底的に解説いたします。

また、運用代行を依頼するメリット・デメリットや企業の選び方も紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

Twitter運用代行会社に依頼できる主な仕事内容

Twitter運用代行に依頼できる主な仕事内容

Twitter(X)運用代行を頼むことで、自社運営ではなかなか集客ができなかったアカウントの運用を依頼できます。

プロに頼むことで、効率よく成果につながるTwitter運用を叶えられるでしょう。

ここでは、主なTwitter運用代行会社の仕事内容を3つ紹介いたします。

Twitter投稿の企画・制作・投稿

Twitterは投稿頻度が重要視されているため、流行などに合わせてスピーディーに投稿することを求められます

自社運用でTwitter投稿の企画・制作・投稿ができる場合もありますが、高いクオリティを求めるほど制作時間がかかってしまい、高頻度での投稿ができないケースも少なくありません。

プロにTwitterの運用代行を依頼することで、Twitter内で反応してもらいやすい投稿企画・文章・動画や写真などのクリエイティブを用意できます

Twitterのデーター分析

データー分析に基づいたTwitter運用は、自社運用のみだと難しいケースが多いです。

Twitter運用代行に依頼するとフォロワーや投稿の反応の数値を分析し、定期的にレポートを提出してくれるため、現状の運用状況を把握できます。

さらに、分析結果を活かした市場調査・戦略設計なども対応しているため、Twitter運用で苦戦していた部分の改善に期待できるでしょう。

Twitterの広告キャンペーン運用

Twitterはリアルタイムで情報拡散力があるため、プレゼントやクーポンなどの広告キャンペーンを運用しやすいと考えられています。

特に20代〜30代の男女をターゲットにした広告キャンペーン運用が多く行われており、サービスや商品が20代~30代に人気のものであれば、アカウントにもファンがつきやすい傾向があります。

Twitter運用代行を依頼する3つのメリット

Twitter運用代行を依頼する3つのメリット

Twitter運用をプロに代行することで、効率よくフォロワー数を増やし、企業のことを知るチャンスが増えます。

他にもTwitter運用代行するメリットはたくさんあります。

今回はメリットを3つ紹介します。

ターゲットに合うTwitter運用をしてくれる

常にフォローしているユーザーの年齢をデーター分析することで、自社の公式SNSの年齢層を知れます。
フォロワーの年齢層に合う投稿内容を発信すると、すでにフォローしているユーザーがリツイートし、投稿が拡散され、たくさんのユーザーに情報を届けられます

しかし、投稿を見たユーザーに投稿を拡散してもらうのはなかなか簡単なことではありません。
投稿が拡散されるようにするには、ユーザーのニーズや流行を知り、「面白い!」「リポストしたい!」と思うような企画や投稿を意識する必要があります。

そのニーズや流行を把握し、高い企画力を持っているのがTwitterの運用代行会社です。

Twitter運用の成果が上がりやすい

Twitterはフォロワーを増やすのに時間がかかり、フォロワーを増やすノウハウを知らないと年月が経っても伸びないことが多いです。

プロに頼むことで、今までの経験や最新のノウハウを活かし、Twitter運用の成果が上がりやすくなります。

「公式Twitterのフォロワーが伸びない」「企画投稿をしてもイマイチ拡散されない」と悩んでいる企業様は、Twitter運用代行会社に頼むのがおすすめです。

Twitter運用以外の業務に専念できる

自社のTwitterを運用担当者様は事務・人事・マーケターなどの他の業務と兼任しているケースがほとんどです。

キャンペーン企画や投稿文を全て自社で制作すると工数がかかり、他業務の支障やTwitterの投稿頻度が減るなどの懸念点が発生します。
その結果、長期間投稿ができなくなっていたというケースも少なくありません。

たくさんのフォロワー・リツイート数を増やすために、Twitterは更新頻度を高めるのが重要です。
高クオリティかつユーザーからの反応を得やすい投稿を高頻度で行っていくには、Twitter運用代行会社に頼るのがよいでしょう。

Twitterの運用をプロに任せることによって、自社の本来の業務に打ち込みつつも効率よくSNSでの集客が可能になります。

Twitter運用代行会社に運用を依頼する2つのデメリット

Twitter運用代行を依頼する2つのデメリット

ターゲットに合うTwitter運用が安定的に実現できるTwitter運用代行会社ですが、デメリットも存在します。

今回は代表的なTwitter運用代行を依頼するデメリットを2つ紹介いたします。

Twitter運用を依頼することでコストがかかる

Twitter運用を依頼する最大のデメリットは、プロが経験を活かして企業に合ったTwitterを運営するため、コストがかかる点です。

依頼内容が増えると費用が高くなるため、Twitter運用で依頼する内容を決めてから、事前にTwitter運用の費用を見積もりすることを推奨します。
Twitterの運用で後悔しないためにも、複数社で運用代行を検討することがおすすめです。

Twitter運用代行会社を選ぶのが難しい

Twitterに対応しているSNS運用代行会社は多く存在し、選定するのに苦戦する可能性があります。

ほとんどの企業はホームページに運用代行する上での仕事内容を掲載していることが多いため、事前にチェックしてから依頼しましょう。

SNS運用代行会社によって、Twitter運用代行の内容が変わるため、お願いしたい内容が対応しているのかを確認することが大切です。

Twitter運用代行会社を選ぶポイント

Twitter運用代行会社を選ぶときは競合他社の実績があることが重要です。

SNS運用代行会社に相談する際に、同じ業界で運用代行の実績があるのかを必ずチェックするようにしましょう。
企業によっては公式サイトには掲載できない実績についても案内できる場合があります。

また、運用代行会社のサービスの中には、定期的な運用報告や分析の共有を行う場合があるため、運用代行会社に疑問点などを相談しやすいというのも重要なポイントです。

初回相談の際に疑問点などを聞いてみて、コミュニケーションが取りやすいTwitter運用代行会社なのかを確かめてみましょう。
コミュニケーションが取りやすい業者を選ぶことで、万が一のときにもすぐに相談ができます。

Twitterの運用代行なら、EMOLVAへご相談ください!

Twitter運用代行なら、EMOLVAへご相談ください!

EMOLVAでは、有益性がある内容をツイートして、フォロワーを増やす手法を使ったTwitter運用代行の実績が豊富にあります。

代表である榊原清一自身が、Twitter(X)のフォロワー数が2万1800人(2024年2月14日時点)がいるインフルエンサーとしても活躍しており、最新のノウハウをお客様の企業公式アカウントに反映させるのが強みです。

Twitter運用代行はもちろん、Instagram・TikTok・YouTubeにも対応しているため、複数の公式SNS運用をまとめて代行したい企業様にも対応できます。

SNSの運用代行に興味がある方は、行政・大手企業からベンチャー企業まで500社の運用実績があるEMOLVAまでご相談ください。

【EMOLVAの取引実績】

  • 株式会社KADOKAWA様
  • 株式会社角川アスキー総合研究所様
  • 株式会社フジテレビジョン様
  • ジャンクSPORTS様
  • 花王株式会社様
  • イッツ・コミュニケーションズ株式会社様
  • 消費者庁様
  • 一般社団法人 中央区観光協会様

企業様に合ったTwitterの運用方針をご提案いたします。

▶EMOLVAへのお問い合わせはこちら!

Twitterの運用代行で何ができる?|まとめ

Twitter(X)は男女問わず幅広い年齢層のユーザーが利用しているSNSです。
リツイート(リポスト)など、投稿の拡散が他のSNS媒体と比べてもユーザーの行動として引き起こされやすいのが特徴で、キャンペーンやハッシュタグなどを通じてアカウントや投稿の認知にもつなげられます

しかし、アカウントの立ち上げからファンがつくまで時間がかかりやすいとも言われており、なかなかアカウントの成長を感じられず運用が滞ってしまうケースも少なくありません。

「企業アカウントのフォロワーが伸びない」
「効果的な広告キャンペーンを打ち出したい」

など、Twitterの運用に悩んでいる企業様は、ぜひEMOLVAまでご連絡ください。

集客に効果的なInstagram運用とは?プロの運用代行が解説

集客に効果的なInstagram運用とは?プロ…

企業もSNSに参入する時代。企業の公式アカウントと聞くと、「Instagram」をイメージする方も…

「社員自身がインフルエンサー」
SNSマーケティングのプロフェッショナル集団“EMOLVA”