COLUMN

主要5大SNSの使い分け方とは?それぞれの特徴や運用のポイントを解説!

SNSの運用は1つのSNSを運用するよりも、複数のSNSを使い分けて運用をしている企業が多いです。

ですが、主要5大SNSであるX(Twitter)、Instagram、Facebook、Tiktok、LINEを上手く使い分けるには、特徴や運用のポイントを押さえる必要があります。

複数のSNSを運用をして認知拡大や集客に繋げるのは大変なことですが、SNSを連携して相乗効果を生み出すことが可能です。

今回は主要5大SNSの使い分け方、特徴や運用のポイントを解説します。

それぞれのSNSの特性に合わせて戦略的に運用をしていきましょう。

主要5大SNSとは

主要5大SNSとは

主要5大SNSとはX(Twitter)、Instagram、Facebook、TikTok、LINEの事です。

日本には様々なSNSが展開されていますが、利用者が多いことから主要5大SNSと呼ばれています。

主要5大SNSにはそれぞれ特徴や機能の違いがあり、ユーザーの年齢層も異なっているため、企業は主要5大SNSを戦略的に運用する事が大切です。

まずは、主要5大SNSの違いと使い分け方を理解しておきましょう。

主要5大SNSの違い

主要5大SNSの違いは機能や特徴も大切ですが、国内のアクティブユーザー数やユーザーの年齢層の違いに注目をしましょう。

LINEはメッセージツールとして幅広い年代で利用されていることがわかりますが、それぞれのSNSで利用しているユーザー層は異なります。

SNSを使い分けるときには主なユーザーの年齢層を把握しておくことで、戦略的な施策やアカウントのコンセプトを定めていくことができます。

主要5大SNSの使い分け方

主要5大SNSを全て運用をしていくには、その分社内のリソースを割かなければいけません。

そのため、自社に合ったSNSを運営していくことや、SNS運用代行の活用も視野に入れてみましょう。

SNS運用代行に相談をすることで、適切なSNSの選定や目標を達成するための施策などを提案をしてくれます。

複数のアカウントを運用したいときには、全てのSNSから単発のSNSで依頼をする事が出来るSNS運用代行企業を選ぶようにしましょう。

株式会社EMOLVAは全てのSNS運用代行に対応をしているSNSのプロフェッショナルのため、SNSの様々なお悩みを解決することができます。まずはお気軽にご相談下さい。

▶お問い合わせはこちら

主要5大SNSを使い分けるときには、運用するSNSに合わせたアカウントコンセプトやキャンペーンの実施などが大切なため、それぞれの特徴について理解する必要があります。

X(Twitter)

X(Twitter)

X(Twitter)は2006年にアメリカで、日本では2008年からサービスが開始された基本140文字以内の文章の投稿を行うことができるSNSです。

自分の興味のある芸能人や文化人の発信や話題のニュースなど、自分の興味関心に合わせた投稿を見ることができます。

最近では個人でも災害や事故の現場から発信する事が出来るため、それらの情報収集を目的として利用しているユーザーも多いです。

国内月間アクティブユーザーも4,500万人で、LINEに次ぐ国内2位のユーザー数になっているため、日本中で広く使われているSNSです。

X(Twitter)の特徴

X(Twitter)の特徴

参照元:総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」

X(Twitter)には下記のような特徴があります。

  • 情報の拡散性が強みのSNS
  • 幅広い年代が利用しているSNS
  • 炎上のリスクがあるSNS
  • コミュニティが形成しやすいSNS

X(Twitter)の特徴を理解しておくことで、運用を始めるときの対策になります。

情報の拡散性が強みのSNS

X(Twitter)は情報の拡散性が最大の強みのSNSです。

この情報の拡散性の強さはX(Twitter)のリポスト(リツイート)機能によって、投稿されたツイートが共有される機能や、フォローされていないユーザーのタイムラインにも「おすすめ」のタイムラインではツイートが共有される点にあります。

この情報の拡散性を利用したX(Twitter)キャンペーンなどでフォロワー数を増やしている企業も多いです。

幅広い年代が利用しているSNS

X(Twitter)はユーザー数の多さだけではなく10代〜50代まで幅広い年代で使用されていることが特徴です。

X(Twitter)は男性も女性も利用率が高いことで、様々なトピックに対しても関心が集まりやすいと考えられています。

総務省が公開する統計調査を見ると、実際に投稿などは行わず、情報収集のツールとして利用しているユーザーが大半を占めているため、有益な情報を提供しているアカウントはフォロワー数などが増える傾向にあります。

炎上のリスクがあるSNS

情報の拡散性の強さから不特定多数のユーザーから批判や誹謗中傷を受けてしまう「炎上」のリスクがあることも特徴のひとつです。

SNSには炎上を防ぐだけではなく、各SNSプラットフォームの規約や薬機法、著作権を守ることが大切です。

そのため、自社でX(Twitter)のアカウントを運用している時は個人に任せきりにならず、様々な視点を取り入れて運用する必要があります。

特にX(Twitter)は拡散性の強さから炎上のリスクも高いSNSです。

このような背景からX(Twitter)の運用をなるべく炎上のリスクを避けるために、X(Twitter)運用代行に依頼する企業も多くなっています。

以下の記事にはX(Twitter)の運用代行について解説しています。ぜひチェックしてみてください。

コミュニティが形成しやすいSNS

X(Twitter)はユーザーの興味関心に合わせてコミュニティが形成しやすいSNSです。

X(Twitter)は匿名での運用もすることができるため、自分の趣味や興味のある分野の情報やフォロワーと繋がることが可能になっています。

X(Twitter)の機能としてもコミュニティ形成のための機能が充実していることが特徴です。

X(Twitter)運用のポイント

X(Twitter)運用のポイントは以下の2つです。

  1. 戦略的なアカウント設計
  2. 定期的な質の高い投稿

このポイントは基本的なポイントになっているため、運用をする際には参考にしてください。

X(Twitter)運用のポイント1.戦略的なアカウント設計

X(Twitter)運用は戦略的なアカウント設計が大切です。

戦略的なアカウント設計はアカウントのコンセプトや、投稿頻度、デザイン制作などを決めていくようにしましょう。

SNS運用は計画的に運用を続けていかなければ自社の負担になってしまいます。

そのため、事前にアカウント設計の時にSNS運用の計画を立てることが大切です。

複数のSNSを使い分けるときには、担当者を分けることや時期によって注力するSNSを決めるようにしましょう。

X(Twitter)運用のポイント2.定期的な質の高い投稿

X(Twitter)運用はユーザーにとって有益な情報を発信することで、プロフィールへのアクセスや商品・サービスの購入に繋がりやすいです。

そのため、定期的に質の高い投稿をすることがポイントのひとつです。

質の高い投稿は有益な情報や画像などのデザイン制作物の質の高さなどがありますが、無理をせずに定期的な投稿を心がけるようにしましょう。

定期的な企業の最新の情報をユーザーに届けることも、質の高い投稿だと言えるからです。

X(Twitter)はインプレッション数などの分析がしやすいSNSになっているため、定期的な投稿を繰り返しながらアカウントの分析をしていきましょう。

Instagram

Instagram

Instagramは基本的に動画や画像を投稿することができるSNSです。

他のSNSと比較して、写真や動画がメインの投稿になっているため、美しい写真や動画に対して「インスタ映え」という言葉も生まれました。

Instagramは企業の世界観や雰囲気を伝えやすいSNSになっているため、採用活動にInstagramを有効活用している企業も多いです。

さらにInstagramはショップ機能など役に立つ機能が充実していて、ビジネスプロフィールの設定など集客に繋がる運用をすることができます。

下記の記事では集客に効果的なInstagram運用について解説しています。合わせてご覧ください。

Instagramの特徴

Instagramの特徴

参照元:総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」

Instagramは10代〜20代で人気なSNSで、男性よりも女性のユーザーの方が数が多いです。ここではInstagramの特徴について解説します。

・画像や動画をメインとしたコンテンツを投稿するSNS

・ブランド力を上げられるSNS

・商品の紹介・購入が可能なSNS

・拡散性が低いSNS

実際にInstagramを運用するときには、動画や写真などの制作物や具体的なInstagram運用で効果を感じるための対策を進めていきましょう。

画像や動画をメインとしたコンテンツを投稿するSNS

Instagramの特徴は、画像や動画をメインとしたコンテンツを投稿することができることです。

そのため企業が運用しているInstagramアカウントは、クオリティの高いコンテンツを提供しています。

Instagramで漫画の投稿やショート動画は人気のコンテンツになっているのが特徴です。

ブランドの世界観を表現しやすいSNS

Instagramはブランドの世界観を表現しやすいSNSです。

Instagramでは暮らしに役に立つ有益な情報を発信をしているアカウントからブランドの世界観を徹底的に表現しているアカウントまで様々なアカウントがあります。

Instagramはブランドの世界観が表現しやすいですが、ブランドの方向性やイメージに合わせたアプローチをすることが必要です。

商品の紹介・購入が可能なSNS

Instagramはビジネスプロフィールを設定することで、アカウントの分析をすることが可能になっています。

さらに、ショップ機能はInstagramのアプリで完結できる商品を購入することができる機能です。

Instagramの機能は企業、ユーザーに有益な機能が多いため、有効活用しましょう。

拡散性が低いSNS

Instagramは拡散性が低いSNSだと考えられています。

ですが、Instagramと他のアプリを連携することやハッシュタグを有効活用することで、他の拡散力のあるSNSと遜色ない拡散力を持つことができます。

Instagram運用のポイント

Instagramの運用をするときのポイントが2つあります。

・ビジネスプロフィールの設定

・ハッシュタグの有効活用

企業がInstagramのアカウントを運用する際には必ずしておきたい基本的なポイントになっています。ぜひチェックしてください。

ビジネスプロフィールの設定

企業としてInstagramのアカウントを運用する方は、ビジネスプロフィールの設定をしましょう。

Instagramの設定を変更してプロアカウントに切り替えることでビジネスプロフィールが設定できるようになります。

以下の機能が使えることでInstagramの運用の分析や宣伝が可能です。

  • Instagramのインサイト(分析)
  • 投稿、ストーリーの宣伝
  • アクセス許可のリンク
  • 補助受信箱
  • メッセージツール

Instagramのビジネスプロフィールの設定をすることが運用のポイントです。

ハッシュタグの有効活用

Instagramのハッシュタグを有効活用しましょう。

Instagramは情報を収集する目的で利用しているユーザーも多いため、ハッシュタグを有効活用することで興味のあるユーザーとマッチングする可能性が高くなります。

さらに独自のハッシュタグを作成することで、コミュニティを形成することも可能なので、ハッシュタグは有効活用しましょう。

Facebook

Facebook

FacebookはMeta社が運営する実名登録制のSNSです。

Facebookの利用者は日本国内だと少ないですが、世界的に利用者の最も多いSNSとなっています。

メッセージツールとしての役割や個人の情報を発信するときに実名であることの信頼性が生まれるSNSです。

個人で利用されている方からビジネス目的まで、目的によって活用の幅が広いのはFacebookです。

Facebookの特徴

Facebookの特徴

参照元:総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」

Facebookは日本国内では30代のユーザーが多いため、ビジネス目的で運用している方が多いことや、SNSの中でFacebookのみ使用しているユーザーがいます。

・実名登録制SNS

・ユーザーの年齢層が高いSNS

・メッセージツールとして活用ができるSNS

Facebookの特徴について解説をしていきます。

実名登録制SNS

Facebookの最大の特徴は実名登録制SNSであることです。

そのため他のSNSと比較して、フォーマルに使用をすることや、実名登録である点で信頼性のあるSNSだと言えます。

プライバシー設定も細かく行えるため、情報の公開設定も細かく設定することが可能です。

ユーザーの年齢層が高いSNS

Facebookはユーザーの年齢層が高いSNSです。

特に日本では30代の利用率が高く、これは実名登録制という側面が影響していると考えられます。

他のSNSと比べて投稿の公開範囲が狭いことから炎上のリスクが低い点もFacebookの特徴のひとつです。

メッセージツールとして活用ができるSNS

Facebookをメッセージツールとして利用しているユーザーも多いです。

実際に日本よりも海外での利用率が高いため、日本国内でのやりとりだけではなく、海外とのやり取りがFacebookでは可能です。

ある程度の認知度がないとアカウントを成長させるのは難航してしまいますが、時間をかけて成長をさせていきましょう。

Facebook運用のポイント

Facebook運用のポイントについては2つあります。

・情報を充実させる

・コミュニケーションの活性化

Facebook運用の効果を感じられないまま、運用を中断しないようにしましょう。

情報を充実させる

Facebookの情報を充実させましょう。

Facebookは自社の基本的な情報や商品の宣伝などに向いているSNSです。

文字数も無制限で投稿することやイベントの設定などもできるため、Facebookの情報を充実させましょう。

コミュニケーションの活性化

Facebookでコミュニケーションの活性化をしましょう。

情報をまとめていても、その先の商品、サービスの購入に繋がるように直接Facebookでやり取りをしている企業もいます。

興味関心のあるグループを作成することも可能なのがFacebookです。

コミュニケーションの活性化はSNS運用を続けているときに意識したいポイントのひとつになっています。

TikTok

TikTok

TikTokは15秒から1分ほどの短い動画を投稿することのできるSNSです。

TikTokは近年ユーザー数が増加していて、誰でも手軽に動画を投稿できるので流行しています。

さらにTikTokマーケティングに注目が集まっているため、企業のアカウント運用や広告を使う企業が増えている傾向にあります。

TikTokの特徴

参照元:総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」

TikTokは若年層である10代〜20代のユーザーがとても多いSNSです。そのため、流行に合わせたアカウント運用やターゲットを絞った動画制作が必要です。

  • 短い動画を長時間見てしまうSNS
  • 若年層に人気なSNS
  • インフルエンサーが多いSNS

TikTokは拡散性や認知度の強化に繋がりやすいSNSになっています。

短い動画を長時間見てしまうSNS

TikTokは短い動画を投稿することができるのが特徴です。

そのため、ユーザーは自分の興味関心のあるものをパーソナライズ化されて、単発では短い動画も様々な興味のある動画を見てしまうことがあります。

企業がTikTokのアカウントを運用するときにはこの点にも注視して、アカウントや動画を制作しましょう。

若年層に人気なSNS

TikTokは他のSNSと比較して若年層に人気なSNSです。

TikTokマーケティングを行いたい方は企業の商品やサービスがユーザーの年代とマッチしているか調べておくことが大切です。

SNSを使い分けるときには、自社のリソースについて把握しておかなければ、どれも手つかずのまま無駄になってしまうかもしれません。自社に最適なSNSを選びましょう。

インフルエンサーが多いSNS

TikTokはインフルエンサーが多いSNSです。

企業のPRよりも個人の口コミの方が信頼されることがあるため、インフルエンサーの商品紹介の動画は効果的な施策になります。

インフルエンサーの多さが若年層に人気な要因のひとつだと考えられます。

インフルエンサーマーケティングに関しては弊社EMOLVAが運営している「INFLUENCER CLOUD」にお悩みをお聞かせください。

国内最大級のキャスティングで、予算があまり用意できない企業様にも多く相談をいただいていて、適切なインフルエンサーをご紹介いたします。まずはお気軽にご相談下さい。

<お問い合わせはこちら>

TikTok運用のポイント

TikTok運用のポイントはSNS運用の中でも特殊です。

・トレンドを押さえた目を引く動画制作

・投稿の数を増やしていく

特に動画のクオリティが求められることもあるため、TikTokは自社でも打ち合わせを重ねるようにしましょう。

以下はTikTokを活用した企業の成功事例について解説しています。ご参考になれば幸いです。

トレンドを押さえた目を引く動画制作

TikTokは動画がメインのSNSのため、トレンドを押さえた目を引く動画を制作することが大切です。

TikTokは予め社内でTikTok運用の目的を作るようにすることが、動画の方向性を定めやすくなります。

動画制作に関してはリソースが足りない場合、TikTok運用代行会社に依頼をするか動画制作会社に任せてしまうこともおすすめです。

投稿の数を増やしていく

TikTokは投稿の数を増やして、ユーザーの興味関心のあるコンテンツを発信していくことがポイントです。

TikTokは長期間の運用をしてなくても、拡散性の高さや現在ユーザーの閲覧数が高い動画は効果を感じやすいSNSになっています。

そのため、注意点としては動画の著作権違反や規約違反には気を付けましょう。

LINE

LINE

LINEはユーザー同士でメッセージのやり取りを行うことができ、企業アカウントとユーザーが交流できるSNSです。

LINEは日本国内で全年代で利用率が高いため、クローズドなSNSとして企業は有効活用しています。

LINE公式アカウントでは企業の役に立つ機能が充実していて、予約システムや広報機能など既存ユーザーへの認知拡大に向いています。

LINEの特徴

LINEの特徴

参照元:総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」

LINEをメッセージツールだけではなく、情報発信のツールとして活用してみることが大切です。

・日本国内で最大人数のSNS

・ユーザーとのコミュニケーションができるSNS

・様々な業界の方が運用しているSNS

LINE運用はターゲット層にまずは登録をしてもらえるように施策を練りましょう。

日本国内で最大人数のSNS

LINEは日本国内で一番ユーザーの数が多いSNSです。

他のオープンなSNSと比較して、クローズドなSNSですがメッセージツールとして活用しているユーザーがほとんどになっています。

企業の公式アカウントでは様々な情報発信やサービスの周知に繋げることが可能です。

そのため、まずは他のSNSと連携をして登録をしてもらいましょう。

ユーザーとのコミュニケーションができるSNS

LINEはユーザーとのコミュニケーションができるSNSです。

LINEではアンケート機能などの機能もあるため、これまでリサーチできていなかった既存ユーザーの調査をすることができます。

LINEを使い分けている時には、このデータを元にして他のSNSの施策に繋げることも可能です。

様々な業界の方が運用しているSNS

LINEの公式アカウントは様々な業界の方が運用をしています。

業界によって運用に向いているSNSは異なることもありますが、LINEはユーザーとの直接的なやり取りが発生することで、不特定多数へのアプローチよりもターゲットを絞った施策が可能です。

LINEの機能を最大限に活用していきましょう。

LINE運用のポイント

LINE運用は効果が出るまでに時間がかかりますが、登録者がLINEをやめることが少ないため、安定して運用を続けていくことができます。

・着実に登録者数を増やしていく

・目的に合わせた運用をしていく

成果を感じるまで続けていくときは、無理をせずに続けることが大切です。

着実に登録者数を増やしていく

LINE運用のポイントは着実に登録者数を増やしていくことです。

登録者数の増やし方はそれぞれで、店舗に掲示をすることや他のSNSとの連携をしていくことで登録者を増やしていく方法があります。

登録者数の増やし方に関してはSNS運用代行会社がより詳しく教えてくれます。

目的に合わせた運用をしていく

LINE運用に限らず、SNS運用は目的に合わせて運用をしていきましょう。

SNSを使い分けるときに目的が不明瞭のまま進めてしまうと、効果を感じるまでに時間がかかることや、再現性のない運用になってしまいます。

そのためSNSを使い分けるときには目的に合わせたSNSの選定と社内でリソースが足りているか確認することが大切です。

まとめ|主要5大SNSの使い分け

主要5大SNSの使い分け

今回は主要5大SNSを使い分けるために各SNSの特徴や運用の時のポイントを解説しました。

SNSを複数運用するためには自社のリソースを割かなければならず、ノウハウがないままの運用は認知拡大などの効果を感じるまでに時間がかかってしまいます。

株式会社EMOLVAでは全てのSNSプラットフォームに対応して、SNS運用代行を承っております。

「SNSを使い分けているけど効果が感じられない」
「社内だけではリソースが足りない」
「複数任せられるSNS運用代行が見つからない」
とお悩みの方は株式会社EMOLVAまでご相談ください。

SNSのプロフェッショナルが目標達成までサポートいたします。

SNS採用を成功させるコツ!プラットフォーム別成功事例と始め方

SNS採用を成功させるコツ!プラットフォーム別…

「SNSを活用して採用活動のコストを下げたい!」「SNS採用は離職率が低いと言うけれど、本当?」 …

「社員自身がインフルエンサー」
SNSマーケティングのプロフェッショナル集団“EMOLVA”